結婚式

ウェディングプランナーの仕事

最近のブライダルはとても個性的になってきました。
会場1つ取ってもホテルの場合もあれば、レストランウェディングにガーデンウェディング、または海外で行う場合まであります。

さらに衣装は、ウェディングもあれば、新和装という新しいスタイルの日本髪を結わないタイプのものが人気だったり、とても多岐に渡っています。

あっと驚くような素敵な結婚式や披露宴をコーディネイトしてくれているのは、ウェディングプランナーと呼ばれる人達です。

新郎新婦の佳き日を、素晴らしいものにするために、何度も打ち合わせを重ねていきます。
結婚式や披露宴は、決めることが沢山ありますが、最初に二人の希望するイメージをヒアリングすることによって引き出し、明確にしていくところから始まります。

それは衣装はもちろん、引き出物にBGM、ブーケやウェディングケーキ、そしてお料理など、ありとあらゆるものの手配を行います。

準備から当日までは、長い期間を要します。
その間新郎新婦、そしてご家族と密な関係となり、全てが終了した際にはとても達成感を感じる、やりがいのある素晴らしい仕事です。

ウェディングプランナーの仕事内容

ウェディングプランナーの仕事内容は、まずは結婚式を挙げる予定のカップルを担当するところから始まります。

初めに会場を見学に来た時に、そのカップルに式場の特徴などを説明します。
また、如何にしてそのカップルと短時間で信頼を築き、そのカップルが自身の会場を選んでくれるかということが大事になります。

そして、結婚式場として選んでもらえた場合、そのカップルの結婚式までの伴奏者となり、色々と要望を聞いたり、挙式内容の提案したりなどします。
具体的には、まず初めは結婚式までのスケジュール説明などを行い、大体の概要を説明します。
そして、その後打ち合わせを行っていくにあたり、今の時期は「こういった事をしてくださいね」などと指示し、無理なく結婚式を行えるようにします。

プランナーによっては、お金を稼がなくてはと、挙式代を高額にしていくプランナーもまれにいますが、ちゃんとしたプランナーであれば限られた予算内でいかにして、二人を幸せに、かつ、要望に応えられるだろうと考えてくれる人もいます。幸せそうな二人を見れるならと多少無理をしてくれるプランナーも多いのです。

女性に人気のウエディングプランナー

別名「ブライダルコーディネーター」とも呼ばれるウエディングプランナーは、結婚式という新郎新婦とその家族にとっての晴れ舞台を最良の思い出にしていただくお手伝いをする仕事です。

具体的には来館されたカップルの希望をうかがい式場選びや披露宴の提案をし、招待状や引出物、披露宴での料理、新郎新婦のドレス選び、式当日の進行と、結婚式にかかわるすべてのことをサポートします。そのため活躍の場は式場、ホテル、レストランなどが主体となってきます。

結婚式を挙げるのは土日が多いので、一般の仕事と違って土日はほぼ休みがありません。
結婚式の入っていない日は今後予定されている結婚式についての資料まとめや式にかかる費用計算など事務的な仕事をこなします。

この仕事は女性に向いている仕事です。
結婚式は新婦の晴れ舞台なので、打ち合わせの段階から新婦=女性の意見を反映させていく場面が多く、同じ女性目線でアイデアや気づきを提案してあげられるので、クリエイターとしての自分の力を充分に発揮できるやりがいのある仕事といえるでしょう。